■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■リンク
■プロフィール

牛飼座

Author:牛飼座
笑顔をテーマに“生きる”ことを探求する詩書家“牛飼座”
大阪生まれ大阪育ちの薩摩男児、元美容師。
『日本一周、笑顔増や詩の旅』
『タイ放浪、笑顔探しの旅』を経て
手書き詩集『Heart Made』出版(サンクチュアリ出版)

その後『一歩笑進アメリカ横断の旅』(NY→LA)に行き
横断中(90日)に『1,000人に“書”の作品を買ってもらう!!』という目標に挑戦し、1015人に書いて帰ってきた。
帰国後、大阪で親友とcafeを立ち上げたのち
六甲山の標高750m付近にある廃校を改装し
生き甲斐をシェアするシェアハウス『viaggio』を創りながら大自然の中で“生きる”ことを探求している。
史上最年少の仙人を目指す。

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

■mixi 牛飼座☆

■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
“リセット”
世田谷の空
世田谷の空

世田谷で一番ハートフルな人達
ハートフル2




一日中『Heart Made』↓を書きまくっている牛飼座は
   http://www.sanctuarybooks.jp/ushikaiza/


四ツ谷の出版社の片隅でフと“人生”を垣間見る。




朝一は「今日も好きなことができるぞぉー!!」って


テンション高めにスタートしますが


人間の集中力には限界があるようで


15時ぐらいになると、


計測しているタイムを守るのがやっとになってきます。




18時ぐらいにもなると、


すっかり“感謝”を忘れてしまい、


淡々とした“作業”になる自分に気付く。


「これじゃアカンわ!」とコーヒーとアルフォートで一息入れ


自分を切り替えます。




さすがに21時になると


頭がボォ~っとしてきます…




そんな自分を客観的に見た自分が


「やっぱり牛飼も人間だなぁ」と肩をたたく。




フと自分の“人生”にも当てはまる部分があると感じる…




常にモチベーション高くいられるわけではなく


“感謝”が“当たり前”になったり


“好きなこと”が“ノルマ”や“プレッシャー”に感じることもあるだろう…




人間だから“波”があって当然なわけで


“慣れ”や“飽き”も手伝って、


いつの間にか大切なことを忘れ、惰性で物事をこなしてしまう。


そこに“感動”があるわけもなく


気が付けば淡々とした日々が続く…




無理に逆らうことはないけど、




僕が大切にしたいのは自分を“リセット”する瞬間を持つということ。




僕にとって、コーヒーとアルフォートでの一時というのは


小さな“リセット”なのかもしれないし


毎朝スージー♪と共に出勤する時間に


この先に“やりたいこと”のイメージを膨らませ


自分を奮い起たせ、テンションを上げる☆


それが毎朝、自然としている“リセット”なのだと思う。




“リセット”とは、今まであったことをチャラにしてしまうことではなくて


“セット”し直すということで


分かりやすく言えば、


新しい“自分”をスタートさせるということ☆




「牛飼はテンションやモチベーションを高く保てるね」と言われることがあるが


無理して“保ったり”“続けたり”しているわけではなくて


たくさん“リセット”しているだけ☆




「初心を忘れるな!」とは良くいうが


初心を“保つ”のではなく


初心をたくさん“作り出す”ことではないだろうか!?




自分のやり方で、自分のタイミングでいいから


“リセット”する瞬間を一日3回は持つようにしよう!


そして、週に一回、月に一回と少し大きな“リセット”を作ることで


イキイキする自分に逢えるはず☆







泣いてもいい





怒ってもいいから





新しい自分を初めようや!!







さぁ、近所の中華飯店でホイコーロー定食も食べたし


“NEW牛飼座”で今から頑張りまぁす☆


初めまして!!いつもありがとう♪


合笑
スポンサーサイト


未分類 | 18:16:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。