■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■リンク
■プロフィール

牛飼座

Author:牛飼座
笑顔をテーマに“生きる”ことを探求する詩書家“牛飼座”
大阪生まれ大阪育ちの薩摩男児、元美容師。
『日本一周、笑顔増や詩の旅』
『タイ放浪、笑顔探しの旅』を経て
手書き詩集『Heart Made』出版(サンクチュアリ出版)

その後『一歩笑進アメリカ横断の旅』(NY→LA)に行き
横断中(90日)に『1,000人に“書”の作品を買ってもらう!!』という目標に挑戦し、1015人に書いて帰ってきた。
帰国後、大阪で親友とcafeを立ち上げたのち
六甲山の標高750m付近にある廃校を改装し
生き甲斐をシェアするシェアハウス『viaggio』を創りながら大自然の中で“生きる”ことを探求している。
史上最年少の仙人を目指す。

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

■mixi 牛飼座☆

■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Smile in Thai ☆
「サワディカッ~プ!!」


タイに来て一週間経ちました☆


タイFoodを食べたり、遺跡を観たり、

20071122224815.jpg


大胸筋をいじめたりしながら、タイLifeを楽しんでます☆

20071122225036.jpg


現在、東北に位置するウドン・タニという街にいます。


一週間過ごして感じたタイを一言で表すと“素直な国”って感じです。


楽や快適なモノが大好きで


眠たければ昼寝をして、腹が減ったら食べればいい。


欲しいモノは欲しいから、時には観光客をカモにします。


素直だから笑顔が素敵なわけです。


善くも悪くも、人間らしい生き方をしてるように感じます。





今日はハッピーな気分になる出来事がいくつかあったので紹介します☆




現在Stayしているウドン・タニからバスで1時間くらいの所にある


バン・チェンという村の遺跡を観たくてバスに乗りました。


iPodでブラックミュージックを聴いている間に到着したようで、


降りろという合図を少しダルそうに僕にくれました。


バスを降りたはいいものの、どっちが遺跡かも分からず、


とりあえず大きな通りを奥に歩いて行きました。


穏やかな感じの村で、家の中からおじさんが犬と一緒にこっちを覗いていたので


国立博物館の場所を尋ねると


「ここから5kmくらいあるよ。」と笑顔で教えてくれました。


少し遠いけど、周りにバイクタクシーも見当たらず


「まぁのんびり歩こう。」と思って


放し飼いしているニワトリや牛や犬を見ながらとぼとぼ歩いていました。


1.5kmくらい歩いた頃にYAMAHAのバイクが止まり


同じ歳ぐらいのお兄ちゃんに「Where are you go ? 」と聞かれ


「National Museum!!」と答えたら


シートを指差して「乗れよ!!」みたいなことをタイ語で言ってくれたので


「コープンカッ~プ!!」とって最高の笑顔で伝えた☆


やっぱり世界に誇るYAMAHAは違います。


National Museumまでひとっ飛びです☆


降ろしてもらった時にも「Thank you~!!」って言いながら握手して


手を合わせて「コープンカッ~プ!!」ともう一度伝えた。


あの一瞬だったが他に知り合いのいない僕には親友のように思えた。


出土品である3000年~7000年前の陶磁器やアクセサリーを見て


“人”ってなんて素晴らしいんやって改めて思いながら


そこにあるドラマを感じていた。


博物館を見終わって表に並ぶ土産物屋を見て回った。


そこに並ぶ一軒の店にいた笑顔のいいお姉さんが


「Where are you from?」と聞いてきたので


「From Japan!!」と答えた。


隣の店のおばさんはシスターが富山にいるらしく


「KANSAIも行ったことあるよっ」て言ったので


「I’m from OSAKA!! TAKOYAKI You know?」とか聞いて盛り上がって


店の中に座って焼きバナナをムシャムシャ食べていた☆


お姉さんはYUIって名前で


バス停を尋ねたら、近くにはないらしく


「バイクタクシー紹介するから、一通り見たら戻っておいで☆」って言ってくれた


近くにある寺院も観たいと伝えたら


「I help you…」って言いながらしばらく考えてくれ


「Good idea!!」と言いながら僕を彼女の愛車HONDAの所まで連れて行き


これに乗って寺院を見て、また戻って来いと言ってくれた。


まさかタイでもバイクデビューするとは思ってもいなかった。


田舎なのでノーヘルでビュ~っと行って


バナナ食べながら寺院を見てビュ~っと帰ってきた☆


それからバイクタクシーのとこまで送ってくれた。


店を開けたままだからすぐに戻らないといけないようだが、


“何かお礼の気持ちを伝えないと”と思い、


メモ帳に筆ペンで『結(YUI)』って書いて渡した。


Japanese結は、結ぶって意味だよってジェスチャーで伝えたが


伝わってなさそうだったが喜んでくれた☆


「See you next time!!」って言って別れ


バイクタクシーでバス停まで連れて行ってもらい、


5分も待たないうちにバスが来て無事にウドン・タニへ戻って来れた。


腹が減ったのでバスターミナル近くの一番流行ってそうな食堂で


ガイドブックに載ってる日本人ランキングの高い料理から順に指を指しながら


「This!!」「This!!」って言ってたら


ランキング5位のやつがあるらしく


ご飯の上にフライドポークがのったやつが出てきた☆


たまたま昨日食べたヤツとSameだが


「そんなの関係ねぇ~!!」って言いながら美味しく頂いた☆


お会計する時に店主のおじさんに


「アロイ!!(美味しい)」って言ったら笑顔はこっちのモンだ☆




食後、まだ15時だったので少し離れた公園まで歩いて行くことにした。


途中の路上で布を売る笑顔のいいお母さんから600円くらいで素敵な布を買い


お母さんはもっと素敵な笑顔をくれた☆


人を笑顔にして頂いたお金を、


こうして今、遠く離れた場所で人を笑顔にしながら使ってることが


不思議であり、嬉しく思えた☆


“お金”とは人を笑顔にするための一つの道具だと一人で納得した。


公園に行き、屋台でお菓子を買って、芝生の上に寝転がってのんびりした。


こうして寝転がって、空を見てたら


日本もタイも変わらないのになぁって


ぼ~っと考えたりしていた。


帰り道、少し遠回りして別の道を通ることにした


車通りが多く信号のない交差点で


横断歩道を渡るに渡れないおばぁちゃんがいて


僕もおばぁちゃんのリズムに合わせて渡ることにした。


二人笑顔で、それぞれの言葉で「なかなか途切れないねぇ」とか言いながら。


車が途切れた一瞬に「今やっ!!」って言っておばぁちゃんと手をつないで渡りきった☆


二人で何かをやり遂げた戦友のように笑顔で讃え合った。


sunset.jpg







そんな感じでThaiの旅を楽しんでます☆


普段はあまり飲めない僕ですが


100円弱で買えるタイBEERを一日二本は飲んでます☆


明日はメコン川を渡ればラオスに入るという国境の街ノンカイに行く予定です☆


まだまだ伝えたいことはたくさんありますが、


書き上げる本のために取っておきます☆




                            Will be smile with you☆

スポンサーサイト


未分類 | 22:51:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。