■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■リンク
■プロフィール

牛飼座

Author:牛飼座
笑顔をテーマに“生きる”ことを探求する詩書家“牛飼座”
大阪生まれ大阪育ちの薩摩男児、元美容師。
『日本一周、笑顔増や詩の旅』
『タイ放浪、笑顔探しの旅』を経て
手書き詩集『Heart Made』出版(サンクチュアリ出版)

その後『一歩笑進アメリカ横断の旅』(NY→LA)に行き
横断中(90日)に『1,000人に“書”の作品を買ってもらう!!』という目標に挑戦し、1015人に書いて帰ってきた。
帰国後、大阪で親友とcafeを立ち上げたのち
六甲山の標高750m付近にある廃校を改装し
生き甲斐をシェアするシェアハウス『viaggio』を創りながら大自然の中で“生きる”ことを探求している。
史上最年少の仙人を目指す。

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

■mixi 牛飼座☆

■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いいコミュニティをつくるには
最近はもっぱらFacebookばかりの更新でご無沙汰しすぎています。
→ FB 牛飼勇太

今は和歌山の下津町という町でミカン畑の収穫をお手伝いする「援農キャラバン」というプロジェクトに取り組んでいます。

IMG_0748.jpg
(下津町の景色)

普段は山暮らしで仕事でも田舎にコミュニティをつくるようになり感じることがあります。

「いいコミュニティをつくるには」多少の不便や多少の困難があった方が

支えあえるチャンスが多いのではないかということ。

人間は便利になればなるほど自分でできることが増え、人に頼らなくなる。

それも悪くないけど、人と人が支えあって、頼りあって生きることで

それぞれが存在意義を見いだせる気がする。

そういう意味でも田舎や山はコミュニティづくりにとてもいいフィールドだと思っています。

まぁ単純に自然豊かな土地が好きということもありますが、

そんなことを考える今日このごろ。

今日も寒空の下でミカンをもぎる農家さんと若者達がいます。

この「援農キャラバン」「援農シェアハウス」がいろんな田舎をゲンキにすることを心から願っています。

いつもホンマに有難う。  

合笑☆

牛飼勇太

スポンサーサイト


未分類 | 08:49:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。