■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■リンク
■プロフィール

牛飼座

Author:牛飼座
笑顔をテーマに“生きる”ことを探求する詩書家“牛飼座”
大阪生まれ大阪育ちの薩摩男児、元美容師。
『日本一周、笑顔増や詩の旅』
『タイ放浪、笑顔探しの旅』を経て
手書き詩集『Heart Made』出版(サンクチュアリ出版)

その後『一歩笑進アメリカ横断の旅』(NY→LA)に行き
横断中(90日)に『1,000人に“書”の作品を買ってもらう!!』という目標に挑戦し、1015人に書いて帰ってきた。
帰国後、大阪で親友とcafeを立ち上げたのち
六甲山の標高750m付近にある廃校を改装し
生き甲斐をシェアするシェアハウス『viaggio』を創りながら大自然の中で“生きる”ことを探求している。
史上最年少の仙人を目指す。

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

■mixi 牛飼座☆

■サンクチュアリ出版×牛飼座

サンクチュアリ×牛飼座

■ブログ内検索

■最近の記事+コメント

■RSSフィード
■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大地の教え in 鹿児島

まいどご無沙汰の牛飼座です。



なぜ僕はBlog更新というものが続かないのでしょうか、、、



きっと良い仲間に囲まれて、良い環境の中で



毎日インプットが多すぎてアウトプットを忘れてしますのでしょう。



言い訳チックではありますが



有難い理由なので善しとしよう。








4日にイトコの結婚式があり、昨日まで鹿児島に帰っておりました。



やっぱ鹿児島は最高です。



実家にいる母と婆ちゃんは温かいし、



庭の家庭菜園で芋掘りができるし、



隣町にあるは樹齢1500年の大クスがパワーをくれるし、



近くにある滝はマイナスイオンを惜しみなく出し続けているし、



肉、魚、野菜どれをとっても安くてうまい。



言うことなしです。






いつも実家に帰った時には蒲生の大クスと対話をする。


DSC_0028.jpg
弟と大クスになりきる絵


今回大クス先生が教えてくれたのは



 「皆、元一つ」 ということ。



大きな幹から、大きな枝が出て



大きな枝が二つ、三つと分かれながら



細い枝になり、葉っぱがついている。



大きな木は、一つの世界を表しているように見え



たくさんの葉は人間を表しているように見えた。



自分達ばかりが日の光をたくさん得ようと周りにお構いなしに枝を伸ばすと



日陰になる葉が出てくる。



大切なのは“自分だけ”ではなく“皆で一緒に”大きくなること。



争えば争うほど、木はいびつなカタチになる。



世界は一つ、地球は一つ、人類もまた一つ。



皆で調和のとれた生き方をしたい。



そう切に思った。



さぁ今日も大地に根を張って



踏ん張ろう。






DSC_0084.jpg
龍門滝の上から見た景色



いつもホンマにありがとう!!



合笑☆




スポンサーサイト
鹿児島(実家) | 13:26:33 | Trackback(0) | Comments(0)
日本一の巨樹 in 鹿児島
おじゃったもんせ~



久々の鹿児島&ブログ更新の牛飼座です。



僕が鹿児島の実家(姶良市)に帰ってきた時に必ず寄るパワースポット



蒲生の大クス


IMG_0319.jpg



日本で一番大きな樹木です。



1500年も生きています。






ここに来るといつも大きなクスの木と“生きる”ことについて対話します。



今回彼が教えてくれたのは“覚悟”です。



彼はなぜここまで大きくなれたのか!?






それは“覚悟”があったから。。。






1500年も生きていれば



辛いことも苦しいことも



たくさんたくさんあっただろう。



人間の汚いとこも醜いとこも



いっぱいいっぱい見たでしょう。



もちろんHappyなこともあっただろうが



大きな枝が何本も折れているのを見て



辛いことの方がはるかに多いことは安易に察することができた。






皆さんもお分かりの通り樹木は移動することができません。



なぜなら“根”をはるから。。。



運命でたどり着いた土の上に“根”をはって“芽”を出してみる。



その“芽”が葉になり枝になり幹になり



どんどん大きく育ってくる。






ようは“覚悟”を決め



“不動の意志”で成長を続けてきた。



“忍耐”と“継続”



それに勝る力はない。



“芽”を出すだけで満足してはいけない。



“芽”だけではいとも簡単に摘まれてしまう。



いかに“覚悟”を決め“根”をはるか。



それが今の最大のテーマ。









そんなことを対話して



英気を養い



明日からまた六甲山の城づくりに精を出す。



“自然”の中にある“生命”から



めいっぱいの“学び”と“生命力”を。。。






現在、viaggioでは150㎡の「遊べるカフェバー」を創ってます。



お手伝いさん大募集中です!!



週末だけでも、お泊りでも



ぜひぜひおこし下さいませ!!






ちなみに8月6日(土)は「みなとこうべ花火大会」



自然の中で一汗かいて、花火を見下ろしながらのビールをいかがですか!?



ぜひご連絡くださいませ。






では、今から家族と鹿児島茶で一息いれて



鹿児島空港に向かいます。





いつもホンマにありがとう!!



合笑☆















鹿児島(実家) | 18:07:08 | Trackback(0) | Comments(0)
1500年の生命


おやっとさぁ~


この土日で鹿児島に帰ってきました☆



鹿児島に帰った時に必ず行く場所があります。



実家の隣町、蒲生町にある日本一の大クス。

大クス




彼は何を考えながら



そこにいるのか⁈



しばらく、ぼぉ~っとそんなことを考える。



きっと、色んなことを見てきただろう。



いいことも、



そうでないことも。。。






これだけ長く生きるには



細かいことに右往左往せずに



しっかりと根をはり



枝をのばし



葉を広げ






しっかりと水をうけ



陽の光を吸収し



台風や嵐の雨風にも



じっと耐え



少しずつ、少しずつ



太く大きくなってきたのだろう。






1500年も生きてきたのだから



人の一生の15倍以上も



陰と陽を見てきたはず。






30mちかくある太い幹も



何本もの根を生やし



多くの枝をつけている。






きっと、



太く強い一人前の人間(幹)になるためには



たくさんの根っこ(人の支え)を大切にし



多くの枝(経験)をのばし



葉(感謝)を広げること。






一本の根っこが途絶えても



一本の枝が折れても



“生きる”ことに向き合い



生きることを“続ける”ことが大切。






そんなことを教えてくれたクスの木に



「貴方が1500年も続けてきた“生きる”ということの大切さと素晴らしさを伝え続けます。」



と約束をしてきました。






長く大きな目で



目の前にあるチャンスや課題に取り組もう。



きっと、



太く大きな木(気)となることができるはずだから。。。












災害や放射能で悲しみや不安をかかえた方も多いと思います。



僕が力になれることを考えており、



避難したいけど避難するあてのない方を『viaggio(六甲山の廃校)』にて



受け入れようと考えています。



該当される方はメッセージ等でお知らせ下さい。






あと、4月16日(土)に開催予定だったトークライブ『TABIJI vol.2』ですが



東日本はまだまだ緊迫状態にあるため今回の開催は見送らせて頂きます。



次回のイベント出演予定は5月15日(日)『旅祭2011』です。 

詳細はこちら→http://www.a-works.gr.jp/tabi/index.html
(アーティストの欄に紹介頂いています。)



とにかく「今できることを精一杯」努めて参りたいと思います。



いつもホンマに有難う!!



合笑☆



【Twitter】ushikaiza
詩書作品↓
【心家】http://cocoro8.net
生き甲斐をシェアするシェアハウス
【viaggio】http://viaggio.jp/(HP作成中)



鹿児島(実家) | 07:25:22 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。